業者が教える!ホームページ制作ガイド

ホームページ制作を発注する前には、適切な準備が必要です。この記事では、ホームページ制作の費用相場と、発注前の準備に必要なポイントを具体的に解説します。

Share This Post

ホームページ制作を発注する前には、適切な準備が必要です。この記事では、ホームページ制作の費用相場と、発注前の準備に必要なポイントを具体的に解説します。

1. ホームページ制作の費用相場

まず、ホームページ制作の費用相場を理解することが重要です。以下に、ホームページの種類別の費用相場を示します。

ホームページの種類小規模中規模大規模
ランディングページ~30万円30~60万円60万円~
企業サイト~50万円50~300万円300万円~
ECサイト~100万円100~500万円500万円~
オウンドメディア~100万円100~300万円300万円~
採用サイト~50万円50~150万円150万円~

これらの相場はあくまで目安であり、具体的な費用は制作会社の提案内容や要望により変動します。

まれにとりあえず 「参考サイトも何もないから見積もりだけ作ってよ」といったようなご要望をいただくことがありますが、正確な見積もりをご提出する事はほぼ不可能です。

なぜなら、ホームページの制作において要望は幅広く、発注側が想像していたものと受注側が想定した見積もりに対する政策可能範囲の乖離が非常に起きやすい依頼方法だからです。

私もこれに関しては、 受注側としてのヒアリングの物足りなさや断る勇気の足りなさを痛感し後悔と自責の念を抱いたことがあります。

本来、お互い円満に終わることができる未来を望んだ案件が、最初の前提のすり合わせをしなかったばかりに制作意図の噛み合わない案件に発展してしまうのです。

解決方法としては、最低限でもデザインの方向性をすり合わすことができた場合のみ案件を受注することが最適です。

発注側としてはこの受注者は自分の作りたいものを本当にこの予算で作成することができるのかと確認することが必要なのです。

また良いコンテンツを作るためには 発注者側と受注者側両者の協力が不可欠です。

専門的に提供しているサービスについて、受注者が完璧に把握する事には限界があります。

受注者がネットで調べられる範囲で、また簡単に実装できる範囲でサービスを提供している発注者は少ないのではないでしょうか。

だからこそ、発注者が自分のサービスについて真に理解を示受注者に、それをサイトの政策として落とし込んでもらう形が最も良いホームページを作るための近道なのです。

2. ホームページ制作発注前の準備

ホームページ制作を発注する前には、以下の準備が必要です。

2.1. 作成の目的

ホームページ制作の目的を明確にすることは、制作会社が適切な提案を行うための基礎となります。

目的が明確であればあるほど、制作会社はその目的に合った最適な解決策を提案することが可能になります。

とりあえず製作者の思い通りにいい感じにやっておいてと言うオーダーは1番危険です。

デザイナー側からしてもかなり高い難易度です。弊社も過去の失敗を糧として、今ではお客様との作りたいサイトのすり合わせを徹底することを目指しています。

予算が高い見積もりがきたり、逆に予算の低すぎる見積もりがきた場合は注意しましょう。

想定している機能やデザインとは違う想定で見積もりが作られている場合があります。

とりあえず作るではなく、何のために作るか、これを考えて発注することが望ましいです。

2.2. 制作の納期

納期も重要な要素です。

納期が短い場合、制作会社はその期間内に制作を完了するための計画を立てる必要があります。

また、納期が長い場合でも、その期間を有効に活用するための計画が必要です。

一般的には短すぎる納期を設定された場合、お見積もりは高くなります。

これは人件費の兼ね合いやその他サービスへの優先順位を含め、ビジネスをやる人間であれば理解できる項目であると思います。

2.3. 作成の予算

予算は制作会社が提案する内容を大きく左右します。

予算が少ない場合、制作会社はその範囲内で最大限の効果を出すための提案を行います。

一方、予算が大きい場合、より多くの機能やデザインの改善など、高度な提案が可能になります。

予算を伝える必要のある例は様々です。

サイトに使う写真素材の撮影やイラストの発注、インタビューや記事の作成を含めてプロが関わる場面が増えるほど、サイトの効果は発揮されます。これは、事実であり、 より良いものを作るためにも、予算の把握は必須なのです。

3. 見積もりを安くするための準備

見積もりを安くするためには、以下の準備が有効です。

3.1. 作業範囲の明確化

制作会社が行うべき作業の範囲を明確にすることで、見積もりを安くすることが可能です。

作業範囲が明確であれば、制作会社は必要な作業とその時間を正確に見積もることができます。

受注側の視点で考えみてください。 どのような作業をしなくてはいけないか分からない状態で確定したお見積もりは出せるでしょうか?

また、作業内容が確定していない場合、お見積もりの金額は高くなるでしょうか、安くなるでしょうか?

答えは明白で高くなってしまうのが現実です。

3.2. デザインイメージの明確化

デザインのイメージを明確にすることも見積もりを安くするための重要な準備です。

デザインのイメージが明確であれば、制作会社はそのイメージに基づいて効率的にデザインを行うことができます。

これは本当に作りたいものを作ると言うところにも結びついてきます。

前述したように、ゴールはお互いに見える形をなるべく目指すことが理想です。

お互いにゴールを共有することができれば、無駄な作業が減り、結果的にお見積もりの金額は安くなるのです。

3.3. サイトマップの明確化

サイトマップを明確にすることで、制作会社は必要なページ数とその内容を理解し、適切な見積もりを提出することが可能になります。

サイトマップはサイトの構成を考えるためのツールです。

ホームページやウェブサイトを作るための地図や設計図のような役割を果たします。

このサイトにはどのようなページがあり、どのような内容が示されるのか、そういった内容を事前に考えなくては、ホームページを上手に設計することができません。

何も考えずに作ったとして、実際に購買への導線が崩れてしまい、売り上げの立たないホームページができてしまうのです。

3.4. 運用方針の明確化

ホームページの運用方針を明確にすることで、制作会社はその方針に基づいた提案を行うことができます。

例えば、頻繁にコンテンツを更新する予定であれば、CMSの導入を提案するなど、運用方針に合った最適な解決策を提案することが可能になります。

ホームページの運用必須です。

ホームページは運用しなければ腐ってしまいます。 この広大なウェブの世界に、ただ看板を立てただけでお客さんは集まるでしょうか?

作られただけで、中に商品を置いてあるだけの建物にお客さんは集まるでしょうか?

多少は通り過ぎたお客さんが来てくれる可能性はありますが、やはり集客をしなくてはいけないでしょう。

ホームページの運用も同様で常に何か更新され、新しいコンテンツが生まれていることが重要です。

4. 制作会社から上がってくるの提案の質を上げるための準備

提案の質を上げるためには、以下の準備が有効です。

4.1. アクセス情報の要否(Google Analyticsなど)

既存のホームページのアクセス情報を提供することで、制作会社はそのデータを基にユーザーの行動やニーズを理解し、より効果的な提案を行うことが可能になります。

実際にリニューアルや 制作を依頼する場合、公開後も、自分できちんと運用する意思があることを示しましょう。

すでにいろいろな媒体で宣伝した結果などのデータがあるとより良い導線が組めます。

それが結果的に良い提案へとつながります。

4.2. ネット検索だけでは手に入らないコンテンツ

ネット検索だけでは手に入らない独自のコンテンツを提供することで、制作会社はそのコンテンツを活用したユニークな提案を行うことが可能になります。

お客様からの情報が提供されない以上、受注者側、ホームページ制作側はインターネットや口頭で聞いた情報のみでサイトを作ることになります。

果たしてそれで御社に適したホームページができるでしょうか。

ほぼ100%の確率で期待した返事が返ってこないとは誰から見ても明白です。

家を作りたいと言っただけで自分が本当に住みたい機能の揃った家が建ちますか?

5. ホームページ制作を依頼する際の注意点

ホームページ制作は制作会社に依頼する場合がほとんどでしょう。

ただ、ある程度のレベルが整ったフリーランスに頼む事は、ほとんどの場合、制作会社の最安値プランを頼むより安く高品質である確率が高いです。

なぜなら、フリーランスのウェブデザイナーたちは、いつ自分が首を着られるかもしれないと言う覚悟で仕事を請負っているからです。

あまり予算がないのであれば既に制作実績はいくつか持っているフリーランスに頼むことが一番賢明かもしれません。

ホームページの制作以外にも追加料金なしで、ウェブ集客に関して相談に乗ってくれる事は間違いないでしょう。

WEAPONSTONEでは、 フリーランスウェブディレクターである代表の武石を中心に百戦錬磨のフリーランス集団でお客様のサイト制作にあたります。

フォトグラファーやウェブデザイナー、ロゴデザイナー等を中心に、明日は我が身と言う覚悟を持ったフリーランスのみを外注活用しサイトの制作を行います。

興味を持っていただいたお客様、ぜひお問い合わせフォームよりお問い合わせをお待ちしております。

6. まとめ

ホームページ制作を発注する前の準備は、見積もりの質と費用を大きく左右します。目的、納期、予算の明確化、作業範囲、デザインイメージ、サイトマップ、運用方針の明確化、アクセス情報の提供、独自コンテンツの提供など、これらの準備をしっかりと行うことで、より良いホームページ制作を実現することが可能になります。

以上、ホームページ制作を発注する前の準備についての詳細ガイドでした。この情報があなたのホームページ制作の成功に役立つことを願っています。

WEBの最新情報が月1で届くLINEマガジンを先行公開!

登録は下記から!

そのほかのおすすめ投稿はこちらから

ブログ

初心者向け! 最新SEO戦略

この記事では、SEOの最新の動向について解説し、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させるための戦略をご紹介します。

ネット集客のヒントはここにある

LINEマガジンで
WEB戦略について学んでみませんか?