Macの便利なショートカットキー50選

本記事では、Macユーザーにとって役立つ50のショートカットキーを紹介します。

Share This Post

Macは多くの便利なショートカットキーを提供しており、これらを活用することで作業効率を大幅に向上させることができます。

本記事では、Macユーザーにとって役立つ50のショートカットキーを紹介します。

これらのショートカットを覚えて使いこなすことで、作業のスピードや効率を高めることができます。

ショートカットキー名前説明
Command + Cコピー選択したテキストやファイルをコピーします。
Command + X切り取り選択したテキストやファイルを切り取ります。
Command + V貼り付けコピーまたは切り取りしたテキストやファイルを貼り付けます。
Command + Z元に戻す直前の操作を取り消します。
Command + Shift + Zやり直し取り消した操作をやり直します。
Command + Oファイルを開くファイルを開きます。
Command + S保存現在のファイルを保存します。
Command + N新規作成新しいファイルやウィンドウを作成します。
Command + P印刷現在のドキュメントを印刷します。
Command + F検索ページ内でテキストを検索します。
Command + Shift + 3スクリーンショットスクリーンショットを撮影します(全体のスクリーンショット)。
Command + Shift + 4選択範囲のスクリーンショットスクリーンショットを撮影します(選択範囲のスクリーンショット)。
Command + SpaceSpotlight検索コンピュータ内でアプリケーションやファイルを検索します。
Command + Option + Escアプリケーションの強制終了凍結したアプリケーションを強制終了します。
Command + Mウィンドウを最小化アクティブなウィンドウを最小化します。
Command + Hウィンドウを隠すアクティブなアプリケーションのウィンドウを非表示にします。
Command + Tabウィンドウを切り替える開いているアプリケーション間を切り替えます。
Control + 虫眼鏡アイコンディスプレイを切り替える接続されているディスプレイの表示を切り替えます。
Enter(ファイル名を選択後)、Enterファイル名を変更ファイル名を変更します。
選択したファイルを選択後、スペースバースペースバープレビューファイルのプレビューを表示します。
Command + T新しいタブを開くインターネットブラウザで新しいタブを開きます。
Command + Shift + [ ]タブを切り替えるインターネットブラウザのタブを切り替えます。
Command + Y履歴を表示インターネットブラウザの履歴を表示します。
Command + Rページを更新インターネットブラウザで表示中のページを更新します。
Command + `ドキュメントを切り替える開いているドキュメントやウィンドウを順番に切り替えます。
Command + 上下矢印キーフォルダ内をナビゲートフォルダ内を上下にスクロールします。
Command + F3デスクトップを表示アプリケーションを最小化し、デスクトップを表示します。
Command + +フォントサイズを変更(拡大)文字のサイズを大きくします。
Command + –フォントサイズを変更(縮小)文字のサイズを小さくします。
Command + Option + Control + 左右矢印キードキュメントを横に分割表示開いているドキュメントを左右に分割して表示します。
Command + Option + Control + 上下矢印キードキュメントを上下に分割表示開いているドキュメントを上下に分割して表示します。
Command + Deleteファイルをゴミ箱に移動選択したファイルをゴミ箱に移動します。
Option + Escオートコレクトの無効化オートコレクト機能を無効にします。
Option + 左右矢印キードキュメント内で次の単語に移動ドキュメント内で単語ごとにカーソルを移動します。
Control + Shift + PowerボタンまたはControl + Shift + エジェクトボタンスクリーンセーバーを表示スクリーンセーバーを表示します。
Command + Control + Tファイルをサイドバーに追加開いているファイルをFinderのサイドバーに追加します。
Control + Option + Command + 1フォーカスをドキュメント内のサイドバーに移動ドキュメント内のサイドバーにフォーカスを移動します。
Command + Shift + .隠しファイルを表示Finderで隠しファイルを表示します。
Command + Kネットワークドライブをマウントネットワークドライブをマウントします。
Command + Option + Vファイルを移動ファイルを移動します。
Control + :ドキュメントをスペルチェック開いているドキュメントをスペルチェックします。
Command + Option + Control + 左右矢印キードキュメント内の次の見出しに移動ドキュメント内の次の見出しにカーソルを移動します。
Command + Shift + Sファイルを圧縮選択したファイルを圧縮します。
Option + Command + Escアプリケーションを強制終了アプリケーションを強制終了します。
Control + Command + Fドキュメントをフルスクリーン表示開いているドキュメントをフルスクリーンで表示します。
Command + Shift + 5スクリーンショットを取得スクリーンショットを撮影するためのツールを表示します。
Command + 上下矢印キーカーソルを行の先頭または末尾に移動カーソルを行の先頭または末尾に移動します。
Option + Control + 左右矢印キードキュメント内で前後の単語に移動ドキュメント内で前後の単語にカーソルを移動します。
Command + Option + Oファイルを開くダイアログを表示ファイルを開くためのダイアログを表示します。
Shift + Option + 上矢印キー音量を上げる音量を上げます。
Shift + Option + 下矢印キー音量を下げる音量を下げます。
Command + ,システム設定を開くシステム設定を開きます。

これらのショートカットキーを覚えて使いこなすことで、Macの使い勝手が格段に向上します。

まとめ

自分の作業スタイルや使用頻度に応じて、よく利用するショートカットキーを選んで活用してみてください。効率的な作業を実現し、Macの機能を最大限に活用しましょう。

WEBの最新情報が月1で届くLINEマガジンを先行公開!

登録は下記から!

そのほかのおすすめ投稿はこちらから

ネット集客のヒントはここにある

LINEマガジンで
WEB戦略について学んでみませんか?