プロが教える!インターネットを安全使用するための5つの基本ルール

皆さんがインターネットを安全に使うための5つの基本ルールをお伝えします。

Share This Post

こんにちは!インターネットは素晴らしい情報の海ですが、同時にいくつかのリスクも孕んでいます。しかし心配ご無用です!

今日は皆さんがインターネットを安全に使うための5つの基本ルールをお伝えします。

1. 強力なパスワードは必須

皆さんが直面する最初の課題は、強力なパスワードの設定です。

パスワードは、あなたの個人情報を保護する最初の防壁です。「123456」や「password」などの簡単なパスワードを使用している方、すぐに変更しましょう!それでは簡単に攻撃者に突破されてしまいます。

具体的には、パスワードは8文字以上で、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせたものが理想的です。また、同じパスワードを複数のサイトで使用するのは避け、パスワード管理ツールを利用すると、さまざまな強力なパスワードを記憶する手間が省けます。

2. フィッシング詐欺に警戒

フィッシング詐欺は、信頼できる組織からのメールやメッセージを装ったもので、個人情報や金銭を騙し取る詐欺です。

例えば、「あなたの銀行口座に問題があります。

ここをクリックしてパスワードを再設定してください」というメールがフィッシング詐欺の典型的な一例です。

この問題の解決策は、未知の送信者からのメールやリンクには注意深く対処することです。メールが本当に銀行など信頼できる組織から送られてきたものなのか、直接電話や公式ウェブサイトで確認しましょう。

メールやリンクに正しいドメインが使用されている確認しましょう。

登録したサイトの公式サイトのURLの「https://xxxxxxx.com」のように黄色の部分がメールアドレスの「ooo@xxxxxxx.com」赤い部分と同じかどうかを確認することがポイントです。

「//」以降と「@」以降が完全に一致していることが重要です。余計な文字が入っている場合は詐欺リンクの可能性もありますのでご注意ください。

3. ソーシャルメディアでの自己開示に注意

ソーシャルメディアは人々とのつながりを深め、情報を共有する素晴らしいツールです。しかし、個人情報を無闇に公開すると、それが悪用される可能性があります。

例えば、「#PasswordChallenge」などのハッシュタグで、パスワードやそのヒントを共有するような投稿は絶対に避けてください。これは、あなたの情報を狙う人々にとって、格好の餌となってしまいます。

フリーWi-Fiでのパスワードの入力やサービスへのログインも危険です。

4. ウイルス対策ソフトウェアを常に最新の状態に保つ

ウイルス対策ソフトウェアは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)からデバイスを守る大切なツールです。

しかし、古いバージョンのままでは、新たな脅威に対抗できません。

マルウェアは、個人情報を盗んだり、コンピュータを無力化したりする能力があります。

特にランサムウェアと呼ばれるマルウェアは、ユーザーのファイルを暗号化し、解除するための「身代金」を要求します。これを避けるためにも、ウイルス対策ソフトウェアを最新の状態に保つことが重要です。

おすすめ① #PR

定番のセキュリティソフト ノートン 360

おすすめ②#PR

ウイルスバスターのご購入はこちら


5. セキュアな接続を利用する

公共のWi-Fiは便利ですが、安全とは言えません。セキュリティが弱いネットワークは、攻撃者があなたのデータを盗み出す格好の場となり得ます。

一般的に、家庭用のWi-Fiは比較的安全ですが、カフェや空港などの公共のWi-Fiを使用する場合は、VPN(Virtual Private Network)を使用して、あなたのデータを暗号化し、保護することをお勧めします。

この方法は実はかなり有効でここだけ話所在地を変更してしまえば版権の影響に応じて日本で見れない映画やドラマまで見れてしまうんです。

NordVPNを見てみる PR

インターネットの世界は新たな冒険の場所ですが、知識と準備があれば、そのリスクを最小限に抑えることができます。

以上の5つの基本ルールを守って、安全にインターネットを楽しみましょう!

WEBの最新情報が月1で届くLINEマガジンを先行公開!

登録は下記から!

そのほかのおすすめ投稿はこちらから

ブログ

UXの進化の歴史

この記事では、ユーザーエクスペリエンスがどのように変化してきたのか、今どんな形をしているのか、そして未来に何が起こるかを解説します。

ネット集客のヒントはここにある

LINEマガジンで
WEB戦略について学んでみませんか?